Mr.エレクトの独り言 2005年10月14日 マリア観音 ライヴ・レポート

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

2005年10月14日 マリア観音 ライヴ・レポート

吉祥寺シルバーエレファントにおける、マリア観音・ワンマン・ライヴ、無事に終了イタシマシタ。

お越し頂いた皆様方におきましては、ご来場、誠にありがとうゴザイマシタ。

今回は、木幡のギターもドラムも、瞬発力、爆発力共に、最高の出来だったのでは無いでしょうか?ゲストの、ガーナ出身のアフリカン・ドラム奏者、ニテテ・ウィンチェスター氏のパーカッションも、初めの1・2曲こそは、噛み合って無い様デシタが、3曲目あたりからは、コンビネーションもバッチリで、ニテテ氏の楽器は、いわゆるコンガを数個並べたアフリカン・ドラムであるにも関わらず、木幡の楽曲の邦楽的な要素が、いつも以上に顕著に感ぢられた事が印象的でありマシタ。

木幡一人のソロに見られる、妨げるものが何も無い、自己の能力の限界へ挑戦するかの様な演奏も素晴らしいのデスが、共演者が居る事によって、木幡の持つ、極めて優れたアンサンブル構築能力等、また別の魅力を垣間見る事が出来るので、今後もニテテ氏に限らず、他アーティストとの共演に期待したい所でありマス。

また、ここ数回のライヴで披露されているのが、多重録音SEによるバッキングに合わせた、エレキ・ギター及びドラム・ソロ・パフォーマンス。これらがまた素晴らしく、エレキ・ギター・パフォーマンスの方は、元々、哀愁のある楽曲であると言う事もありマスが、人間の抱く苦悩や葛藤等の感情がリアルに表されていて、いやがおうでも共感を覚えずにはおれない出来。そもそも、単音弾きによるギター・ソロと言うのは、ある程度、楽曲に支配されているとは言え、一音一音を自らの意志で選択すると言う行為の積み重ねであり、そこにはおのずと、その人間の歩んできた道筋、人生観が如実に表わされるのでありマス。ドラム・ソロの方も、ただ技術のみをひけらかすと言うのでは無く、楽曲の持つ主題や本意を最大限に生かすために、それらの技術が用いられており、ドラム等の楽器演奏経験者でなくとも、木幡の持つ、確かなテクニックに裏付けられた激しいドラム・パフォーマンスを堪能出来たのではないでしょうか。

元々、木幡は、その歌唱力と言うか、うたによる表現力が、特に素晴らしかったのデスが、ここの所、ギターやドラムが、うたに迫るかの如く、楽曲を体現しており、表現力と言うものは、やはり技術の一種であり、また、技術と言うものは、何かを表現するために用いられてこそ、初めて意味を成すものなのであると、改めて感ぢさせられた次第。

そうそう。久々に、シンバル2枚による、木幡のパーカッション・パフォーマンスも披露されマシタ。

何にせよ、そもそも奇をてらってる訳ではないゆえ、百歩譲って、楽曲にこそ、ことさら異常かつ特殊な世界を描き出している訳では無いが、それらの演奏、及び、そこに見られるパフォーマンスに限って言うならば、個人の趣味嗜好を別にして、この手の出し物としては、何処に出しても恥ずかしく無い、明らかに突出した高い水準と、世界の何処を探しても有り得ないオリジナリティーを持ち得ていると、私は断言したい。

ゆえに、この、刺激的にして洗練された表現を、もっと多くの人に観せたいと、私は切望してやまないのである。

求む!!観客、共演者、協力者、協賛者、後援者、etc。

次回は12月20日、同所にて。貴方とお会い出来る事を・・・。