Mr.エレクトの独り言 オリジナリティとは?~その②
fc2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

オリジナリティとは?~その②

結局の所、本当に問題とすべき点は、パクリもので登録商標を申請する企業のモラルうんぬんでは無く、それをオリジナルとして認めるか否かを決定する役所(?どこの管轄だか知らねえが)の判断基準にあると言う事だ。

すなわち、“に~ちゃんのベッド”初め、世の中の流行や、ローカルな話題等、様々な事象や事情に精通した検査官、あるいは、各分野から専門家を集めた上で、慎重にジャッジしないと、今回の様に、一部の民衆の怒りを買う羽目になってしまうのである。

ゆえに、本来は音楽にも、その様な検査機関があってしかるべきである。悪名高い“ジャス楽”は、集金(搾取)出来る対象が多ければ多いほど良いからなのか、なんでもかんでも取り扱いし過ぎだ。時には、「あ~、チミ~。この曲は“ミス散る”の○○って曲に酷似しとるから、うちでは扱えんよ」・・・なんて事を言ったって良いではないか。

★ところで、今回のパクリ問題の元ネタとされている“に~ちゃんのアズキアイス”は、言わば“作者不詳の獄中歌”(刑務所で誰ともなく歌われ始めた流行り歌)みたいなものであるが、それらにまつわる収益は、どうなってんのかね?あれは誰が使用しても良いもの(無料)なのかしら?

要するに、これこそはオリジナルであると認めうるボーダー・ライン、あるいは、どこからどこまでが模倣に過ぎない域に当たるのか?数多くの作品が世に存在し、飽和状態の現代、その辺りの線引きについて、真剣に考える時期に来ているのかも知れない。

また、如何なる天才も、無から有は生み出し得ないゆえ、オリジナリティとは、言うなれば、既にある形状・形態のものから、如何に差異を生み出し得るか、どれだけ遠く飛距離を伸ばし得たかを表すものであり、創作者における誠実度を測ると言う観点において、今後は、そこが重要な判断基準となるであろう。

昔は、適当に作ったものでも、ほとんどのものが初めて登場する訳だから、何でもオリジナルと呼べたかも知れない。しかし、現代は、蟻の這い出る隙間も無いほど、オリジナルが溢れかえっている。そう言った意味では、ある種、あらゆるアイデアやスタイルが出尽くされた現代こそ、アーティストの力量なり創造力が、真に評価され得る時代であるとも言えよう。