Mr.エレクトの独り言 人形から人間へ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

人形から人間へ

いつの話だ!!・・・と怒られるのも気にせず、9月のいぬ屋敷の思い出などを。日付等、詳細なデータを知りたければ、各自、検索する様に。

<ぐしゃ人間>は初見である。フロント3人が女性、ドラマーはヘルプの男性、の4人編成。以前、ベーシストのなっとう嬢に音源は頂いていたので、バンドの傾向は解っており、サイトでメンバーの日記にも目を通していたので、期待して臨んだ。しかし、日記から垣間見える彼女らの個性や魅力が、音楽からはあまり伝わって来なかった。終演後、なっとう嬢が近づいてきた。私はとっさに、おためごかしの誉め言葉を言おうとしたのだが、やはり嘘はつけない。ここで嘘をついたら、一生嘘を通す関係になってしまう・・・と思い直し、実に率直に意見を述べる。私が感ぢた事を要約するならば、何を表現したいのかが明確に伝わって来ないのは、コンセプト不在、あるいは、リーダー不在による突き詰め方の曖昧さでは無いか?と言う点である。しかし、コンセプトはあると言うので、これはやはり、表現力の不足であろう。とは言え、まだバンドを始めたばかりの彼女らに、それを求めるのも酷と言うものである。そんな簡単に上手く行けば苦労しないのだ。そのうち、なっとう嬢以外の女子メンバーも集まり、何だか、酔っ払いのオッサンが小姑の様に、女の子をネチネチいぢめているかの様相を呈してきたので、そばに居た狂気ミキサ氏にいちいち相槌を求め、責任を軽減しようとする、ずるいボク・・・みたいな・・・。まだ、バンドをやる事自体が楽しいのだと思うが、彼女らは皆、強烈な個性と魅力を持つ人達なので、それが音楽にリアルに反映される日を期待する次第。

<BACTERIA>は、オルタナ爆音系でしょうか?懐かしい気のする音色デシタ。

<赤>は、ギターとベースの音量バランスが悪かったのが残念。このバンドは、あまり難しい事を考えず、センスの良い楽曲を楽しめれば良し。

<少女人形>は2度目の再結成。ヴォーカルのPepi氏は、やはり欠場。今は何をしているのでしょうか。よって、今回もいぬん堂氏がヴォーカルを努める。しかし、青とブルー氏のギター・ワークは、今時あまり聴かれない(ポジパンちゅうか、当時のUKニュー・ウェイヴ風なのでしょうか?)、立体的かつ視覚的な音像が実にショッキングで、ギョッとさせられるものがある。伴奏としてのギターでは無く、楽曲の持つ意図、歌詞に込められた真意をリアルに表現するための音である。音色もメッセージのひとつであると言う事の見本であろうか。更に、このバンドの最大の魅力は、歌詞であり、ヴォーカルのメロディ・ラインである。そこには、孤独感を訴えるための安易な人間嫌いのポーズなど微塵も無く、自分以外の他の人間すべてを拒絶しきったかの徹底的な孤立感に満ちており、その冷たさには思わずゾッとさせられる。今でこそ様々な種類の表現が存在するが、当時・・・、否、今でも、こう言うのはウケないんだろうな。ファン・サーヴィスのラビッツのカヴァー曲などせず、受けようが受けまいが、少女人形としてのコンセプトを全うした方がカッコ良かったと思うのは、私だけであろうか。

殺害塩化ヴィニール社長率いる、<QP-CRAZY>。実に数年振りに見たが、相変わらず派手にやっている。チェーンソーで客席に割って入ったり、陶器を床や壁にぶつけて割りまくったり。音はデジタル入ったハードコア。パフォーマンスや楽曲の良し悪しは別として、身体を張って、ファンを楽しまようとするプロ根性には敬服である。家具屋に消火器ぶちまけたり、漁船を壊していた少年が、破壊衝動をエンターテイメントに昇華したのであるから、人生色々である。

と、この日も、色々考えたり、考えさせられたエレクトさんであった。

オワリ。