Mr.エレクトの独り言 罰についての考察

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

罰についての考察

悪い事・・・と言うか、してはいけないとされている事をすると、罰を受ける。

更に、時には・・・と言うか、たいていの場合、多くの人から、お叱りを受ける。

しかし、あれ?変だぞ?

きちんと罰を受けているのに、更に怒られるのでは、ダブル刑罰ではないのか?

例えば、懲役10年にプラスして、更に怒られると言う事は、懲役10年では償いが足りないと言う事なのであろうから、それならいっそ、懲役を15年に増やしても良いから、更にお叱りを受ける事や、罵倒の言葉や軽蔑の視線を浴びせたりしないで欲しいと思う者も居るはず。

あるいは、罰金を全額支払っているのに、更にお叱りを受けるのあれば、お叱りを受けた分だけ、罰金の額を減らすべきでは無いだろうか?とも思う。

とは言えど、要するに、そもそも罰を受ける様な事をする方が悪いのだと言う事なのであろうが・・・。

ところで、犯罪によっては、その行為からもたらされる利益なり悦楽よりも、刑罰の量の方が軽いと感ぢられる事もある訳で、人によっては、「駐車違反しても罰金2万円なら安いもんだ」と思う様に、「人を殺して懲役17年なら安いもんだ」と考える者も居るはずである。

いや~。確かに安い。人の命が17年服役する事によって買えると言う事なのだから。

安い。あまりにも・・・。

でも、害虫は殺して良い様に、人に迷惑をかける人間を殺した場合は、やっぱ刑も軽いのかね?

あと、17人で1人の人間をなぶり殺したら、懲役は1人につき1年ずつ・・・とかネ。

んなアホな!!