Mr.エレクトの独り言 超洗脳小説「勝手に世直し ヘ~カくん」③「謎の転校生」の巻
FC2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

超洗脳小説「勝手に世直し ヘ~カくん」③「謎の転校生」の巻

やっと下校時間になったか・・・。

と言うのも、あいつときたら、授業中から休憩時間から、トイレに至るまで、俺のそばから離れず、下らねえ質問ばっかしやがるんだもの。ホントに何も知らねえのかな・・・。

ところが、学校を出ても、あいつは俺のそばから離れようとしない。

キチロー「おい、宇宙人!!もういい加減にしてくれよ。俺は家に帰るンだからさ。」

ヘ~カくん「え~!!ボク、キチロー殿の家に行ってみたいデス~。地球の小学生が、どんな家庭生活を送っているか、興味深々なのデス。」

キチロー「は~・・・。ぢゃあ良いけどさ、遅くなる前に帰れよ。」

そして俺は、ヘ~カくんを連れて、自宅に戻った。

キチローのママ「あら、キイチロウ(本名)。お帰りなさい。言い忘れてたけど、今日からホーム・ステイの子がうちに来るから、仲良くしてあげてね。」

キチロー「ええっ!?まさか!!」

俺は振り返って、ヘ~カくんを見つめた。

ヘ~カくん「ウフフフ・・・。」

そう。そのまさかであった。自分を宇宙人だと称する謎の転校生は、今日から我が家に居候する事になっていたのであった。

こいつは、先が思いやられるぜ。トホホ・・・。

(つづく)