Mr.エレクトの独り言 君知るや、ブログの効能

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

君知るや、ブログの効能

ブログの効能と言うものは、計り知れないものがある。

まずは、自分の考えている事を、部屋の中で、ぶつぶつ、つぶやいたとて、大した満足は得られないが、やはり、誰かしら他人に読まれるかも知れないと言う前提で発表すると言うのは、非常に良い気晴らしになるものなのだ。

更に、何と言っても、記録に残すと言うにこそ、大きな意味があり、あまり何度も、同ぢ内容の文は書けないし、書くにせよ、視点を変えたり、もっと解りやすい説明方法を思いついたり、そして何より、以前の考えをベースに、それをもう一歩推し進めた考えをしなければならないゆえ、自然と思考を突き詰める事が出来る様になると言う点が挙げられる。

すなわち、同ぢ愚痴でも、最初は自分の鬱憤を吐き出す憂さ晴らしにしか過ぎないが、そのうち、いかに障害を取り除くか、あるいは乗り越えるかと言った、現実的かつ前向きな方向に向かわなければ、自分もいやになるし、読んでいる他人は尚更であろうと言う危惧が、自然とそうさせるのである。

とは言え、それも人それぞれで、私にとっては、自分のサーヴィス精神がそうさせているだけなのかも知れないし、いつまで経っても、同ぢ場所をぐるぐる廻る事しか出来ない人も居るかも知れない。だが、ここでも、記録に残すと言う事の意義が生きてくるのだ。何故なら、自分の過去の文章を読み直す事によって、いかに自分が進歩、あるいは変化、しているのかいないのかと言う点を、非常にリアルに認識出来るからである。

私は何も、変化しなければならないと言っている訳では無い。しかし、思想や思考は、いつか必ず現実と向かい合わなければならない時が来るし、その時が来ないとすれば、それらの思想は絵空事、あるいは妄想でしか無いと思うのだ。

否。現実に不満が無いのであれば、それはそれで、「ニワにニワのニワトリがおりマス」などと言った、何でもない日常でも綴っていれば良い。

しかし、私にとって、ブログとは、世の中に物申すための手段であり、現状を何とかしたい、あるいは変えたいと言う意志の表明なのであるからして、得る情報が増えれば増えるほど、あるいは現実の手ごわさを知れば知るほど、自分の考えも変化させていかなければ、絶対におかしいのである。

よって、今が最高だとか、完璧だとか言う事は有り得ず、いつも途上ではあるが、しかし、常に現時点ではベストだと思える考えを模索し、提示し続ける事が重要なのである。

現実は、そして他人と言うのは、計り知れないものである。しかし、現実と対峙する事をやめた時、人間は、たとえ生き物としての命は繋いでいようが、人間である事の意味を放棄したと同等に、自らの存在価値を失う事となるだろう。

何にせよ、問題が本当に解決するまで、あるいは、その反対に自分が息絶えてしまうまで、人間の“生きる”と言う仕事に、オワリなど無いのだ。

そう。人間の仕事は、“生きる”事である。

ゆえに、私はいつでも、“生きたい”と、そしてそのために、このうざったい現実ってヤツを変えたいと、心底願っているのだ。

それを、もっと具体的に言うなれば、私を死に追いやる“目には見えない何か”、そいつの正体を突き止め、この世から消し去ってしまいたいと言う事であろうか・・・。