Mr.エレクトの独り言 公開処刑

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

公開処刑

最近の事件報道を読んでいて面白いのは、犯人が、反省の言葉を口にしたか、あるいは、その逆に、反省した様子が全くないか、って事を、ことさら伝えようとしている点だ。

世間の皆様に対し、「謝れ!!」って事か?

被害を受けた人の身内ならともかく、皆、悪い事はしないで我慢して生きているのに、その約束を破ってしまう人間を許せないってか?

反省の言葉を口にすれば、罪は消えるのか?

死んだ子供が戻ってくるのか?

無関係な我々が溜飲を下げる事に、何の意味があるのか?

反省した態度が、本当なのか嘘なのかを、誰が見破れるのか?

そう考えると、むしろ犯人が反省してない方が、悪人や、悪事に対する怒りが増して良いのではなかろうか。

・・・って、実はどっちでも良いんだけど。

要するに、犯人が反省してるからって、それがどうした?・・・って事。

それで満足するのは、事件に無関係な人間達、すなわち野次馬だけだ。