Mr.エレクトの独り言 考える人

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える人

考える人。

・・・は、考える事によって答えを出す事に、喜びを覚えた人。

あるいは、考える必要に迫られた事のある人である。

前者であれば、幸せだ。なぜなら、それは逃避では無く、幸福感を得るための積極的かつ自発的な行動であるから。

しかし、後者は悲しい。考える癖がついていると言うか、幼少期に、苦しい状況に追い込まれた事があるゆえ、未熟な身体能力では、それを克服出来ず、こころを少しでも死から遠ざけようと、葛藤から抜け出る術として、思いを巡らせる機能が発達してしまっただけの事なのだ。

そして、それは、能力や特技、才能や長所と言えば聞こえは良いが、決してその様な誉められたものでは無い。

どう考えても、考えたり思い悩んだりしなくて良い状況に居る方が幸せである事は、想像に難くない。

考えない人は、馬鹿な人でも、不幸な人でも、愚かな人でも無い。むしろ、考えなくて良い人は、幸せな人なのである。ある種、怖いもの知らずと言うか、“こころも死ぬ”のだと言う事を知らないのだから。

思えば、私も、子供の頃はそうだった。空想する事、妄想する事によってしか、自分が何者かになったり、何かを得る事が出来ず、何時間だって、こころの内と言う無限の空を飛び続ける事が出来た。

だが、時の流れは、否、社会の掟は残酷だ。いつまでも、こころの内で遊ぶ事を許しはしない。

子供の頃、日が暮れて、空が暗くなる前に、家に帰らなきゃあならなかった様に、自由に振る舞える時間は、必ず終りを告げるのだ。

考える人が幸せかどうかは解らないが、考えなくて良い人は、幸せそうであると言う事に、今の所は疑問を差し挟む余地は無い。

考えない人は嫌いだが、考えなくて良い人にはなりたい。

・・・とも、やはり、思わない。

と言うか、こんな事を考えている時点で、考えなくて良い人には、とうていなれっこないってこった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。