Mr.エレクトの独り言 手ノ内嫁蔵「さんくちゅありぃ」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手ノ内嫁蔵「さんくちゅありぃ」

オシリペンペンズのヴォーカリストにして、超天然パフォーマーである、石井モタコ氏のソロ・ユニットであった“手ノ内嫁蔵”の3rd(CD-R)は、モタコ氏に、留田トメ吉氏と和田シンジ氏を加えた3人編成となった模様。

ところで、この世には、色々な音楽、様々な表現形態があって良いと思うのだが、ただ一つだけ言えるのは、そこに至るプロセスは別として、それらが目指す共通の目的は、あくまでも、“楽しく”なるためにやるのだと言う事であり、その対象が自分である場合が“自己表現”であり、対象が他人である場合が“エンターテイメント”である・・・と、私は考える。

ゆえに、日常の感覚を麻痺させるのが目的の大音量のノイズ・ミュージックにせよ、自らの身体を痛めつけ、生命を死地へと追いやる、まるで“一刻も早い死を望んでいる”かの自虐的なパフォーマーにせよ、演奏のクォリティ向上を最大限に求めるあまりに、禁欲的、求道的に、肉体と精神のすべてを注ぎ込む職人気質のアーティストにせよ、それらは一見、“苦しさ”を求めているかの様にも誤解されるが、最終的には、自己の“こころの安定”を目指していると言う点においては、“楽しく”なる、すなわち“快”を求めている事に、何ら変わりは無いのである。

要は、ただ、その方法論、表現方法が異なるだけで、それは、それぞれが持って生まれた資質、環境によって形成された人格、自ら求め創り上げんとする理想等から、各々に芽ばえた、生きる目的の表面的な違いに過ぎず、むしろ、批判されるべきであるのは、誰かに“やらされている”感覚であったり、光に集まる羽虫の如く、権威や流行に“盲目的”に隷従する事なのである。

前置きが長くなったが、そう言う意味においても、この「さんくちゅありぃ」と言う作品は、音楽を演る事による“楽しさ”に関して、極めてピュアな精神と、自由な感覚が溢れており、非常に好感が持てるものとなっている。

簡単に言えば、聴いていて、思わず、「ウフフ・・・」な気分にさせられるって事だ。

更に、本作を、もう少し具体的に分析するならば、シンプル過ぎて粗雑にさえ見える楽曲群には、実は多様なアイデアや実験精神が無理無く生かされており、特に、ユニークな言葉とリズムの緊張感溢れる組み合わせ、及びモタコ氏の“がなり声”に象徴される、暴力的なまでの瞬発性と説得力には、目を見張るものがある。

あと、とにかく、“楽しそうである”と言うか、“生き生きとしている”と言う点が、非常に心地良い。

“適当”であるとか、“いい加減”であると言う言葉には、とかくネガティヴなイメージが付きまとうが、それらには本来、“丁度良い塩梅(味加減、具合)”であると言う意味がある。そう言った観点からも、本作の最大の魅力とは、固定観念に縛られて自らを制限する事も無ければ、何者かに“支配される事”も無い、天然培養的な、その“自由奔放さ”にあると言えよう。

また、最後に、見る者の想像力を喚起して余りある、ジャケットのアート・ワークの秀逸さも、特筆に値するものであると言う事を、付け加えておく。

←ここをクリクリすると!?

P1010001DDD20.jpg

P1010002DDD21.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。