Mr.エレクトの独り言 ヤクならぬニクきれた・・・

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

ヤクならぬニクきれた・・・

「ニンニクの力」のおかげで、バリバリ(と言うほどでも無いが・・・)仕事出来たんでやんすが、徹夜明けの翌日、1時間半で目が覚めてしまい、昼過ぎも眠れず、風呂に入り、用事があるので夕方出かけ、しかし流石に21時過ぎに眠くなり、ネット喫茶に駆け込み仮眠。その後、深夜、知人宅にてアナログ・レコードをCD-R化するなど、趣味の作業。

朝4時頃、流石に眠くてしょうがないので、作業を切り上げ、移動。倉庫で仮眠。本日、臨時で店番交代したので、店に移動するも、眠いやらだるいやら・・・。「ニンニクの力」を飲んだ直後に、少ない生命エネルギーを前借りし、先に使い果たしてしまった、その反動なのか、もう死にそう・・・。

そこで、バリバリと店番をこなすため、近所のコンビニへ、まるで麻薬中毒者が禁断症状に苦しむかの如く、すがる思いで「ニンニクの力」を買い求めにいくも、「ウコンの力」はいっぱいあるのに、その隣にあるはずの「ニンニクの力」が売り切れてやんの!!

「誰かヤク・・・ぢゃねえや、(ニン)ニクをくれ~。」と、街をさまよい、別のコンビニに行っても良かったが、あまりヤクに頼り過ぎると、やはり後が怖いので、やめておく。

しかし、店番は色々と疲れるので、終了次第、寝る。朝まで寝る。

結局、3日のうちの最初の1日だけスーパーマンで、後の2日は生きる屍状態。これで良いのか・・・?

否。これで良いのだ。ずるずる3日間、出品データを作ったり画像を撮影したりして、実際のネット出品が2日目か3日目になるより、1日目にすべてやってしまった方が、それが売れてお金が入ってくるのも、若干早まる訳で、そうやって仕事を前倒しにするのは、悪い事ではないはず。

思えば、人生も同様であろう。ただ何となくずるずると一生を過ごすより、感受性も身体能力も活発な若い時に思いっきり生き、早死にしてしまった方が、真に充実した人生を送れるのかも知れない。

長く生きるより、濃く生きる事。

だが、現実的に考えれば、20歳まではあっと言う間で、40歳までは体力も気力もあるゆえヤク要らず。よって、40から60歳の間、この時期こそ、ヤクを摂取してでも残り少ない生命エネルギーを前借りして使い果たし、60歳以降は抜け殻の様な人生を送るってのも良いのではなかろうか。少なくとも、40から80歳までの40年もの間、すなわち人生の後半戦を、無期懲役の囚人の様に、ただぼんやりとぐだぐだ生きるよりは、ましであろう。

それにしても、あと20年。こんな毎日が続くのかと思うと、何とも、はらほらひれはれな気分でやんす・・・。

むぎゅ~!!