Mr.エレクトの独り言 禁未来小説「ドラへもん」その37「破局の朝」の巻

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁未来小説「ドラへもん」その37「破局の朝」の巻

闇討ち、あだ討ち、暗殺者の夜。ボクは、いつも通りの儀式を終えると、この日は何故か、夜が明けぬうちに眠りに落ちた。ここの所、根をつめてパソコンに向かいっ放しだったから、流石に少し、疲れがたまっていたのだろうか・・・。

翌朝。ボクは、爆弾が破裂するかの様な大きな音に、目を覚まされた。


バギグッ!!ドゴガガァ!!!!!


「うわあ!!何だ何だ!?」

ボクは一瞬、自分の身に何が起こったのかを、知る事すらままならなかった。

ふと目をやると、部屋のドアがぶち壊されており、ボクは、何者かに首根っこをつかまれたまま、部屋から引きずりだされ、階段を引っ張り降ろされている自分に気が付いた。

「なんだよ~!!何するんだ!!痛い!!痛いってば~!!」

すると、ボクを掴み上げている何者かが、こう叫んだ。

「うるせ~!!黙ってこっちに来いってんだ!!」

そしてボクは、1階の居間の床に放り出され、うつ伏せにさせられ、その何者かは、ボクの背中に馬乗りになっていた。

「何だよいきなり!!お前は誰なんだ!?」

顔を上げると、居間には、パパとママの姿があった。

「あっ!!ママ!!帰って来てくれたの!?」

「帰ってきたの?ぢゃねえ、このヤロー!!ママさんが出て行かなくちゃならなかったのは、誰のせいだか解ってんのか!!」

そう言うと、背中のソイツは、ボクの頭を思いっきり小突いた。

「痛~い!!どう言う事?ねえ、パパ!!ママ!!」

「うるせえ!!このくそガキャ~!!困った時だけ、パパさんやママさんに泣きつくんぢゃねえ!!」

「ああ!!その声、その口調、まさか!!お前は!?」

ボクは、この時、背中のソイツ、すなわち、突然の破局の首謀者が誰なのかと言う事に、遅まきながら気がついた。

「お前は・・・。もしかして、お前は!!・・・。」

(つづく)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。