Mr.エレクトの独り言 小林薫は二度殺す
FC2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

小林薫は二度殺す

今回の幼女殺人事件において、冤罪の可能性は限りなくゼロなのだから、小林被告には「死ぬ権利」どころか、「発言する権利」すら与える必要などないのではないだろうか?

幼女を殺した上に、「自分を殺す権利」まで与えるのか?

“罰”を与える事の意義とは、一体何であろう?

過去の行いに対する清算か、未来の行動を制限する足枷か?

裁判官が、如何なる判決を言い渡すかどうかは、まったく別の問題として、未だ刑罰の確定していない(償いを終えていない)殺人犯には、「未来に何かを望む権利」どころか、現状の権利すら何一つ与えない状態が望ましい。(・・・とは言え、問題なのは、冤罪の可能性であるが、それは置いといて・・・。)

今後、この様な悲劇・・・すなわち、社会的弱者である幼児が殺傷されると言った残虐な事件が起こらぬ様、社会に貢献しろなどと言った、キレイゴトは言わない。

小林薫よ。お前自身が味わった苦しみ?それと同様の苦しみを味わう人間が一人でも減る様、何か出来る事はなかったか?・・・否。むしろ、お前はそうすべきであったのだ。

そうしなければ、殺された幼女はもちろん、誰一人として救われ(報われ)ないではないか。

誰のため、何のための死刑制度?

ところで余談だが、ヒトの肉体を殺せば罪になるのに、ヒトの精神を殺しても罪にならないのは、国家が必要としているのはヒトの精神などではなく、ヒトの肉体(労働力)だけだからである。

もしも私が、殺された幼児の父親であれば、小林被告の願いなど叶えて(死刑にして)やったりはしないし、ましてや更正など望まない。本人に罪の呵責に苦しむ感情が無いのであれば、常に居場所を公開し、世間の後ろ指や白い目に晒されながら生かし続け、“死ぬ事以上の苦しみ”を味合わせてやりたい。

また、仮に死刑にするにせよ、一瞬では殺さない。時間をかけ、命乞いをさせつつ、残忍になぶり殺す。何故なら、奴に、自分がした事の意味を自覚させ、“本気で後悔”させたいからである。

そもそも、小林薫が死刑になっても、今後、幼児殺人・・・と言うか、弱者(自分より弱い者)への八つ当たり的な犯罪が減る事は有り得ない。

他人の命を理不尽に奪っておいて、死ねば(死刑になれば)許されるなんて、人間の命は、なんて軽く、安っぽいものなのだろうか。

つまる所、小林薫は世間に対して、こう言いたかったのかも知れない。

「人を殺しても、(自分が)死ねば済む」・・・と。