Mr.エレクトの独り言 結婚色情の欠陥

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

結婚色情の欠陥

更に、よくよく考えてみれば・・・。

そもそも、結婚とは、まず初めに相手が居てから、行き着く終点(あるいは途中経過)なのに、「結婚したい」と言う目的を達成するために、その相手となる人間を探すとは、本末転倒?

もしも、「生涯の伴侶が欲しい」と言うセリフが恥ずかしくて言えず、その照れ隠しのための「結婚したい」であれば、それも解らなくもないが、そもそも、結婚の制度と言うか、その契約自体が、「絶対的な永遠の約束」などでは無いと言うのは、離婚の盛んな現代社会を見れば火を見るよりも明らかな訳で・・・。

トナルト逆に、彼はきっと、未だに「結婚」と言うものに「絶対的な価値」を見出しているのであろう。何故なら、「○○な彼女が欲しい」と言う事よりも、「結婚してくれる相手が欲しい」と言う事の方が先に来るのであるからして・・・。

テコトは、これは非常に権威主義と言うか、その女性の個性よりも、結婚と言う幻想を完成させるために必要な登場人物を求めているに過ぎない訳で、女性に限らず他人の人間性を無視するにも程があるし、結婚に絶対的なものを、ましてや他人に対して、一方的な価値観を押し付ける様な考えを持っていたのでは、双方のコミュニケーションが上手く行くはずが無いのではなかろうか。

ところで、あんな事(前回の文章)を書くと必ず、男性からは「お前は男のくせに、男と女のどっちの味方なんだ!!」とか、友人からは「あんたは一体、誰の味方なんだ!!」と、お叱りを受ける事が多々あるのでありマスが・・・。

それでは、お答えいたしましょう。

私は、「自立している人」、あるいは、「自立しようとしている人」の味方なのでありマス。