Mr.エレクトの独り言 ジコチュ~!!(←なるべくかあいく発音してネ)

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジコチュ~!!(←なるべくかあいく発音してネ)

自己中、すなわち自己中心的な人間が、「俺って自己中なんだよね~」と、自省している姿を見た事がない。

また、自己中でない人間が、周りの人から、「お前は自己中だ」と、言われ“続け”ていると言う話も、聞いた事がない。

利己主義は悪くない。・・・と言うか、人間として当然の本能でもある。

しかし、利己主義と自己中心主義とは違う。自己中な人間が迷惑である理由とは、実際に、他人を強制的に自分に従わせようとするからに他ならない。

その支配的、抑圧的、操作的な、立ち居振る舞い・・・。

そして、自己中が何故に自己中なのかと言えば、そもそもは、その行動様式によるものなのであるが、実の所、その真因とは、自己の行為が他者へもたらす影響に対する“自覚の無さ”・・・、これに尽きる。

ゆえに、自己中とは、“自己の尊厳”を保つために、“他者の尊厳”を奪う者の呼び名でもあるのだ。

自己の卑小なプライドを一瞬満たした所で、それが、目の前の、あるいは、どこか別の場所に居る誰かを傷つけているのであれば、それは単なる“弱い者いぢめ”の連鎖でしかない。

私達が本当に為すべき事とは、“人間の尊厳”を取り戻す事にあるのだ。

犬は自分を犬だとは思っていまいが、人間が人間である所以は、自分が人間である事を、自覚し得ると言う点にある。

自分あるいは他人の存在価値を粗末に扱う事、すなわち“人間の尊厳”を貶めたり、手放した瞬間、ヒトは野蛮な獣と化す。

本来、自分にせよ他人にせよ、“人間の尊厳”を守る事こそが、結果的には、“自己の尊厳”を保つ事にもつながると言うのに・・・。

だが、自己中の人間に遭遇しても、無闇に、いぢめたり迫害してはいけない。

何故ならば、彼らこそが、てい(体裁)の良い収奪を行うために植えつけられた矯正(強制)具の如き、盲目的かつ一方的な価値観(基準)との差異から生まれる劣等意識によって、“人間の尊厳”を根こそぎ奪われ続けてきた、現社会体制における最大の被害者なのだから・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。