Mr.エレクトの独り言 従属による充足

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

従属による充足

ここ最近、解った事。

「頭を下げなければ、お金は入ってこない」

要するに、あちらのルールに従う、・・・すなわち、あちらの価値観に合わせない限り、あちらの世界で通用する力(貨幣)を得られない・・・と言う現実。

そして、力を得られないと言う事は、自由(自分の人生を自分の意志で決める事の出来る権利)を獲得出来ないと言う事でもある。

また、“あちらの世界”とは言うものの、私達が存在しているのは、紛れもなく、あちらの世界なのであり、決して、こちらの世界と言うものがある訳ではない・・・。

よって、そう言う意味では、“既存の社会”とでも言い換えた方が良いだろうか。

もちろん、発覚する事なく、裏で反社会的な行いでもすれば、いくばくかの貨幣を掠め取る事も出来ない訳ではない。しかし、それをするにも一種の才能、そして、相応の覚悟が必要となってくる。

・・・とは言え、既存の社会で得られる価値を獲得する事でしか、自由や充足感を得られないのであるとするならば、それは結局、既存の価値観にひれ伏していると言う事でしかないのではなかろうかとも考えられる。

本来は、他人がどうあろうと、自分自身のこころが豊かであれば、それで充分だったはずなのに、何故だか、それだけではいけないのだと言う教育(脅迫)に、まんまと洗脳させられて・・・。

憧れて、高望み。その挙句、“自分の人生を自分の意志で決定する事の出来る自由”を手放すハメに・・・。

ああ、実はそれこそが、人間である証であり、喜びでもあると言うのに・・・。

とまあ、それは、私個人の考え方であり、価値基準でしかないが・・・。

いずれにせよ、“比較”による勝利によって、こころの充足なり悦楽を求める限り、私達は、いつまで経っても、良い作物であり続けるだろう。


人間なのに・・・。


人間として生まれてきたはずなのに・・・。


BGM:頭脳警察「ふざけるんじゃねえよ」