Mr.エレクトの独り言 “やさしさ”は“強さ”から

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“やさしさ”は“強さ”から

良く言われる言葉に、「“やさしさ”とは、“強さ”から生まれる」・・・と言うものがある。

確かにそれは、一理どころか、多くの人々をうなずかせるに余りある、極めて説得力の高いものだ。

そしてまた、“やさしさ”とは、他者、すなわち自分以外の生き物や物質に対して抱く慈愛に満ちた心情なり、真に相手を思いやる感情に基づいた具体的な行為の事を指す。

ゆえに、“弱い”人間であるにも関わらず、“やさしさ”を発揮する者は、自分を死に至らしめる結果を呼び込む危険性さえをも孕んでいると言う事も、否めない事実ではある・・・。

通常、弱い人間は、自分の身を守り、現状を保つ事で精一杯なはずなのだ。

ところで、“やさしさ”が“強さ”から生まれると言う事を、象徴する事例がある。

私の知る限り、空手の有段者は、皆、やさしい。

何故なら、彼らは、強い身体能力を持つがゆえに、少なくとも、その点に関しては、自分に自信や余裕があるのだ。

そして、自分に自信や余裕があると言う事は、他人の事を気遣う余裕も生まれ得る可能性を含んでいると言う事でもある。

要するに、真の強者とは、その様な、弱者にやさしく、慈愛のこころを持ち得る余裕や可能性のある人間の事を指すのだ。

よって、時として、彼ら空手家は、こう呼ばれる事もある。




・・・“いたわり(板割り)上手”・・・と。



てへへ・・・。(^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。