Mr.エレクトの独り言 新生ビル

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生ビル

先日、国分寺モルガーナにて、国分寺超山田堂企画のライヴを観て参りマシタ。

いぬん堂社長率いるビルは、ドラムがチェンジして2回目のライヴ。現在は、何と、元センチメンタル出刃包丁の、クスコ氏が参加しているのでありマシタ。

前任よっとん氏の、シンプルかつタイトなドラムも、ビルのシャープかつソリッドなパンク・サウンドに、非常にマッチしておりマシタが、クスコ氏のアナーキーなドラムが、果たしてビルに合うのだろうか?・・・と言うのが、おそらく多くの方の予想(心配事)であった事でしょう。

しかし、結論として、これは非常に良かったでありマス。何と言うのでしょうか?ビルのパンク・サウンドに、根拠不明のエネルギーと言うか、更なるカオス(混沌)が注入され、当日披露された、珍しくスローな曲もサマになっていたし、まさしく、ビルは新しく生まれ変わったと言っても過言ではない出来でありマシタ。

なお、次回は、ビル+戸○純で、ライヴが行われる様でありマス。(ハイテクノロジー・スーサイドのトリビュート盤にも、「骨」で参加。)

報告オワリ。

<追伸>センチメンタル出刃包丁の方も、やっと新メンバーが集まった様で、復活が楽しみでありマス。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。