Mr.エレクトの独り言 演劇/舞踏

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

ゴキブリコンビナート第21回公演「アンドロゲン・レインボー」

超・遅ればせながら・・・。

★ゴキブリコンビナート第21回公演「アンドロゲン・レインボー」2006年9月15~18日。会場:中野光座。

中野光座とは、中野駅から徒歩2分、私の自宅からも自転車で5分の場所にある、おそらく元は映画館だった建物。

よって今回は、舞台があり、きちんと座席のある小屋での公演。

しかしながら、あのゴキコンの演劇が舞台上のみで収まるはずもなく、早速、舞台中央から客席後方に伸びる花道の様な通路や、開場の左右壁際通路にて、役者の熱演が始まり、舞台手前右前方で観劇していた私も、出演者の唾を目の前で浴びるはめに・・・。

そしてそして、客席の頭上全体を覆う様に、丸い穴のたくさん空いた大きな板が天井の如く設置されていたのだが、劇中、突如、その板が下降。まさか観客全員が押しつぶされるのか?と思いきや、「あっ!そうか!!」・・・。何と、肩付近まで下降した天板の丸い穴から観客全員が首を出し、観客席は、まるで「もぐら叩きゲーム」のもぐらが地面から顔を出した状態、あるいは、ギロチン絞首刑後に、斬首した生首がずらっと並べられたかの如き状態に・・・。

そんな状態のまま、観客の生首が突き出た地面、すなわち天板の上をも舞台と化し、縦横無尽に走り廻る出演者達。更には、醤油を口から噴出したり、果ては天井から吊るした木の枝に何人もがぶら下がり、ジュースを飲み出す始末。下に居た人は、いつ飲み物をこぼされるかと気が気でなかったものと思われる。

とまあ、いつも通り、会場全体を利用した特殊なセットもさる事ながら、相変わらずの身体を張った危険な芝居ゆえ、人身事故にだけは気をつけて頂きたいと、心配なぞもしてみたりして・・・。

さて、それでは物語の内容であるが、良く考えてみれば、後にDVD-Rで販売もしている様なので、あまり解説するのは良くないかなとも思いつつ記すが、やはり前回の公演から日数もわずかであった事から、フライヤーに記載されていた当初のストーリーからの変化が見られ、短期間で無理矢理仕上げた苦労の跡が窺えた。とは言え、相変わらずのゴキコン節と言うか、社会の底辺に蠢く者達が憎み合い罵り合う生き地獄の連鎖の果てに、何故かハッピー・エンド(?)が待っていると言う、八方丸く収まる(?)エンディングは、流石、生命力の強い“ゴキブリ”を劇団名に冠しているだけに、虐げられた者達にとっては救いの福音書となるものであった。・・・のであろうか?(^^;)

何にせよ、臭い物に蓋をするのでは無く、汚いものや醜いものをとことんさらけ出す事によって、人間なんて偉そうにしていても一皮剥けば皆同ぢと言う批判精神溢れるメッセージを、上からの目線ではなく、社会の底辺である最下層から突きつけるかの、ゴキブリコンビナートの活動及び理念には、半ば呆れつつも、賛同の意を隠せない私なのであった。

ゴキブリコンビナート。それは、“奇麗事”を徹底的に排除した、現実直視的本質追求型の演劇集団なのである。

でも、実際に、ゴキコン演劇の登場人物達みたいにはなりたくないな~・・・。

なんて言ってみたりして・・・。(^^;)

(報告オワリ)

★↓当日のフライヤー。

P1010003555538.jpg

ゴキブリコンビナート鑑賞記(2006.7.16.)

ゴキブリコンビナート第20回公演「そよ風のささやき」at 旧淀橋第三小学校跡地グラウンド

今回は、3日公演のうちの中日を観劇。野外公演だと言うのに、雨続きで心配だったのデスが、この日は運良く雨も止んでくれマシタ。

公演場所は、当店から自転車で3分程度の近場にある、廃校となった小学校の跡地を再利用している文化施設で、日頃は主に、落語の公演や、合唱団の練習や発表会等に利用されている模様。そんな健全な施設のグラウンドの一部を借りて、ゴキコン念願の野外公演が実現した訳だから面白い。

使用されている敷地は、広さから言えば30~40坪程度だろうか。野外とは言うものの、グラウンド内に、高校の教室を二つ並べたくらいの大きさの、木の壁に取り囲まれた小屋的なものが一応あり、しかし屋根や天井が無いため、野外公演ならではの解放感は期待出来そうだ。今の所は・・・。

そして中に入ると、今回は、ステージを客席が取り囲む形となっていた前回の公演とは正反対に、地面むき出しの中央部分が客席となっており、その周りを、ビル工事の際の足場の如く、木材を組み合わせて作った、客席から見上げる形となる立体的な通路が取り囲み、更に前方と後方には若干広めのステージ部分が、バラック的にラフに設営してあった。それらを見ていると、何だか、小学生時代に、建設現場の資材置き場で勝手に作って遊んだ秘密基地なんかを思い出す。・・・とは言え、周辺を取り囲む上方通路の数ヶ所には、クレーンによって上下するドラム缶が吊るしてあったりと、その構造がもたらす空気が、この先、何かが起こる不穏な予感を充満させていた。

さて、物語のあらずぢであるが、簡単に言えば、前回の作品が、不幸が不幸を呼ぶ、“逆わらしべ長者”的、同時多発的な負の連鎖であったとするなら、今回は、時空を遡り、原始時代にまで連なる負の連鎖、否、負の歴史が続々と暴き出され、総登場した先祖の面々が、その末裔に対し、呪わしき因果の継承を断ち切る事を要求すると言う、何とも荒唐無稽なストーリー展開であった。(・・・と、だいたいそんな所。実は、もう正確には覚えていないので・・・。)

また、シナリオとは別に、特筆すべき点はと言えば、役者達の体当たりの演技はもちろんの事、数分おきに、中央客席スペースへと乱入する、移動式ミニ・ステージ(しかも2台)のもたらす効果であろう。役者を乗せたその台車が、客席を右に左にと動き回る度に、観客は逃げ回らねばならず、これらは、鑑賞中における緊張感を持続するための刺激剤であると共に、ある種、観ている者までが劇中への参加を強制的に強いられる事により、役者に対してのみならず、観客同士にも連帯意識の様なものが芽生え、知らず知らずのうちに、作品に対する感情移入度を高めさせられてしまうと言う効果があるものと思われた。

実は、ゴキコンの演劇を観て、常に感ぢるのは、ここの所。要するに、観客である私達が、ただ観ているだけでは済まされず、あくまでフィクションであるはずの劇中に、いつの間にか配役されてしまっている点である。そして、それは私達に、良識ある市民面を装った無責任な傍観者である事を許さず、恐ろしい事に、自分が差別する側であるのか、もしくは差別される側なのかと言う、個人個人の立ち位置を明確にする事さえをも要求してくるのであった。更に、もっと解りやすく言うならば、これは、劇中に登場する“不幸な人達”、“不遇な人達”、“不具な人達”に対し、眉をひそめるのか、笑いとばすのか、そのどちらを選ぶのか?と言う、問いかけでもあるのだ。

そもそも、ゴキコン演劇の真骨頂と言うか、その目論みとは、人々が真っ当な社会生活を営むために日頃は押し隠している利己的な本性、そんな人間の醜い本質を引き出す事であると、私は考える。何と露悪趣味な?そうかも知れない。しかし、劇中、欲望をむき出しにして獲物に群がる障害者や奇形児達の、無邪気・・・と言うか、純真無垢な姿を目の当たりにし、そして、自分も含め、その醜態を見てゲラゲラ笑っている観客を見るにつけ、この状態こそが、人間の自然な、あるべき姿であるとさえ思えてくるのだから、何とも不思議なものである。

人間なんて、下らない・・・とは、思わない。かと言って、素晴らしいとも思わない。しかし、自分のこころに押し隠した醜い部分や、弱い部分、ずるい部分を、自覚しているのといないのでは、大きな違いがある。

自分のこころに正直な者は、その醜さに耐え切れず、劣等感を抱くのが常。しかし、自分のこころに潜む醜さに、劣等感を抱く必要など無い。

人間なんて、しょせん欲望の権化。人間なんて、そんな大した生き物ぢゃない。・・・そう思えた時、私は何だか、こころが軽くなった気がした。

そう。人間にとっての、本当の強さとは、自分のこころに正直に向き合い、さらけ出せる勇気の事を指すのだ。

世間では、正直者はバカを見ると言う。

しかし、だからこそ、正直者に勇気を与える劇団、ゴキブリコンビナートの存在意義があるのだと、私は考える。

ゴキコンがやらねば、誰がやる!!(←こればっか。)

(報告オワリ)

↓今回の公演告知フライヤー。

P1010022YY25.jpg

P1010023PP26.jpg

ゴキブリコンビナート鑑賞記(2005.8.12.)

ゴキブリコンビナート第19回公演「君のオリモノはレモンの匂い」at新宿タイニイアリス

4日連続公演の2日目を観覧。この日、天気予報は雨だったが、公演終了後、店に戻るまで雨も降らず助かった。とは言え、私の洋服はびしょ濡れ。なんで?・・・その答えは、以下の本文を読んでおくんなまし。

しかし、失礼ながら、かなりの入場者数にビックリ。200人近く居たのかな?そして、タイニイアリスと言う地下スペースに設置されたステージを見て、再びビックリ。なんと、正方形の部屋の中央に、20センチぐらい?の深さ?に水を張った、やはり正方形のプールの様な池のセットがあり、これがメイン・ステージとなる。そして、その池を取り囲む様に、人が2人ずつ通れる程度の客席。更に、池の廻りを、ビル建設現場の足場の様に、木の棒が立体的に組まれ、長い辺の方には、上から見下ろす形で、やはり人が二人通れる程度のスタンディング2階席が設けられ、そして短い辺の後方にあたる部分には、割と広めの、座れる2階席。そして正面にあたる同個所には、もうひとつのステージ。と、単なる地下室が立体的な舞台に作り替えられていた。更に、池にはセットとしての木が数本生え、中央の木には、上から水が流れ落ちている。さながら、ジャングルの中の野外ステージ。しかも、出演する役者らも、ステージ廻りの組み木の上を移動し、下の池めがけて飛び降りて登場したり、組み木の上を逃げ回ったりと、その構造をフルに活用していた。

ところで、ゴキコンと言えば、3K(すなわち、キツイ、汚い、危険)ミュージカルを自称しているが、この日も、ステージ・サイド席の客にはレイン・コートを貸し出すなどしていた。なんせ役者が池で転んだり暴れたりするので、泥水?がバンバン飛び散るのだ。しかし、会場内はかなりの熱気で、これまた熱帯のジャングルの如しだったゆえ、レイン・コートを着ていると、更に暑かった事だろう。ちなみに2階のスタンディング席で観ていた私も、汗でびしょ濡れであった。

しかし、楽しかった。面白かった。2時間弱があっと言う間に過ぎた。実を言うと、私は、演劇やミュージカル、果ては映画にすらほとんど興味が無いのだが、今回の公演は、演劇と言うよりミュージカルで、常にビートのある音楽が鳴り続け、セリフよりも歌がメイン。これも飽きさせぬ原因であったろうが、なるほど、取り扱う内容が、希望に溢れたポピュラーなものであれば、世間の人々がミュージカルなるものに夢中になる理由も解るわい・・・と、一人納得のこころ。では、その逆に、救いの無い特殊ミュージカルである本作について解説しよう。肝心のストーリーについての細かい説明は省くが、登場人物と場面が目まぐるしく変りつつも、すべてが関係性を持ち、しかも、それがすべて螺旋状の負の連鎖、逆“わらしべ長者”的に、負が負を呼び、不幸が不幸を呼ぶが如き、底辺の被差別人種達による、醜く愚かな人間絵巻が描かれつつも、マイナスにマイナスを掛けたらプラスに転ぢたとでも言うのか、不幸中の幸いと呼ぶべきハッピー・エンド?に向けて、破滅への坂道を、足を引っ張り合いながら転がり落ちる登場人物達。ここには、人はどんな境遇にあろうとも、幸せを見つけ出す努力を怠ってはいけないと言う教訓があるのだ(・・・って、ホントかよ!?)。

何にせよ、私が最も感銘を受けた点は、役者達の体当たりの演技ぶりである。否、そんな事は当たり前だと言ってしまえばそれまでだが、どう考えても、あまり人が好んで選ばぬ題材をあえて選び、それをリアルに表現するために、時には泥まみれになり、時には全裸で逆さ吊りにされたりと、通常は“汚れた振り”だけしていれば良い事も、実際に“汚れる”彼らを観ていると、ある共通の目的を持った集団が、それを達成するために力を合わせ、全力を注ぐ姿と言うのは、悪くないものだなと思ったし、更に言えば、その様な集団行動の苦手な私にとっては、彼らの事が、うらやましくさえも感ぢられたのであった。

いつの時代も、実際に行動する者は美しいものだ。

私は、この貴重なる演劇集団に、1万人の観客が集まって欲しいなどとは思わない。否、彼らがそれを望んでいるのであれば、それはそれで否定しないし、より多くの人から賞賛されると言う事は決して悪い事では無いし、経済的な面から考えても、そうなれば良いなとは思う。しかし、肝心なのは、“私の気持ち”なのである。私以外の、100万人の人間が、どれほど感動しようと、それは“私の感動”では無い。ただ単に、100万人の人間の、その一人一人が感動しただけの話である。そう言う意味で、私にとっては、私自身が感動したかどうかと言う点こそが最も重要なのである。

また、私自身は、どちらかと言うと、決して上品な人間などでは無いが、実を言うと、下品なものをそんなに好きな訳では無い(その点、良く誤解されるのだが・・・)。ゆえに、下品さを売りにしているゴキコンに対し、あまり良い印象を持っていなかったのも事実ではある。しかし、実際に観劇してみて、ゴキコンは決して、単に下品なだけの劇団では無いのだとも感ぢた。確かに、露悪的と言うか悪趣味と言うか、世間からは“下品である”とされているものや、社会の底辺に属する人種ばかりをテーマとしているが、それらは現実の世界に実際に存在するものであり、彼らの演劇に登場する人達は、卑しいなら卑しいなりに純粋であり、間違っても、自分を上品だとか美しいなどとは思ってはいるまい。それに比べ、上品ぶった人達のこころに見え隠れする、他人を見下す卑しいこころの方が、私にとっては、たまらなく下品に思えてしょうがないのである。真に上品であると言う事は、自己のこころの中にもある下品な部分に目をつぶるのでは無く、自己の下品な部分を認識しつつ、それらの衝動や欲求に安易に身を任せず、その醜い本性に対して、常に逆らい続ける姿勢では無いかと思う。

私が考えるゴキコンの魅力とは、“上品だとされている事”に対する“当てつけ”であり、“嫌がらせ”であり、“アンチの姿勢”である。

ゴキコンがやらねば、誰がやる!?

↓当日のフライヤー裏面
s-P8.jpg

前のページ